穂高広域施設組合の一般廃棄物

          最終処分場の整備に向けて

 穂高広域施設組合では平成17年度から一般廃棄物最終処分場の整備に向けて
検討を行い、一般廃棄物最終処分場基本構想等の策定をしました。
 「自ら出したごみは自ら処理処分する」という原則のもと、当組合管内において
最終処分場を確保し、将来にわたって適正に管理していくことを喫緊の課題としています。
そして、平成20年度からは最終処分場検討委員会を設置して、候補地の選定作業を
進めてまいりました。
 最終処分場検討委員会では19回の会議を重ね、その議論の結果として報告書が
穂高広域施設組合の管理者に提出されました。
 当組合としましては、周辺住民の皆さんに計画の内容等についてご説明させていただき、
ご理解をいただくことが重要であると考えています。
一般廃棄物処理基本計画の概要 (詳細はこちらから)
一般廃棄物最終処分場整備基本構想 ・

  一般廃棄物最終処分場用地選定の概要

(詳細はこちらから)

最終処分場検討委員会について

(1)

最終処分場検討委員会  委員名簿 

(PDF :  75KB)
(2) 最終処分場検討委員会  会議概要 (PDF : 120KB)

これまでの最終処分場検討委員会において、公開会議で

行われた会議概要のみ公表させていただいております。
(3) 最終処分場検討委員会では、具体的な候補地の選定作業を行い
第一次候補地となる3箇所を絞り込みました。
詳細は以下のとおりとなります。
1.
一般廃棄物最終処分場の候補地について (PDF : 127KB)
2.
最終処分場候補地選定フロー及び候補地 位置図 (PDF : 950KB)
(4)

一般廃棄物最終処分場の候補地に関する

住民意見交換会

(詳細はこちらから)
(5) 最終処分場の概要に関する住民説明会 (詳細はこちらから)
(6) 平成21年度 最終処分場検討委員会の会議概要 (詳細はこちらから)
(7) 最終処分場候補地補足調査結果 (詳細はこちらから)
(8) 穂高広域施設組合最終処分場検討委員会 報告書 (詳細はこちらから)
最終処分場検討委員会
委員長 福島 和夫
ページトップヘ