イベント


T.O.R 富士スピードウェイ走行会
2005年10月2日(日) 静岡県 富士スピードウェイ 本コース



静岡県の 「TEAM OKAMOTO RACING(T.O.R)」 主催の富士スピードウェイ走行会に参加した。

富士の、と言うより走行会自体、'98年の秋以来実に7年ぶりの参加。
過去に何度か経験はあるものの、気持ちはほとんど初参加状態。
まあ、「再デビュー」って感じ?

レーシンググローブやらヘルメットやらを買って、タイヤを新調して、
グローブなんか買ってからの1ヶ月間、通勤時にも装着して手に馴染ませちゃったりなんかして。
当日は勤務シフトの関係で出勤日だったため、有給休暇を取得して…(すみませんでした)

事前準備OK!


今回の参加者は…


ジャムメロンさん

管理人

職場の後輩“K君”

ジャムメロンさんは本当の初参加、K君とは一緒に参加するのが初めて。
というわで、このメンバーではお互いが初顔合わせということになる。
今回、K君が誘ってくれたおかげで7年ぶりの「再デビュー」が叶ったわけです。


この日のために(?)新調したADVAN NEOVA



どんなグリップをするのか楽しみ。

あ!

ステッカーが間に合わなかったので自主規制。

  

一応ギャグのつもり…




そんなこんなで準備完了。

自分たちは「新しくなった富士を楽しく走りましょう」的なお遊び気分だったけど
他の参加者の人たちはレーシングスーツ姿だったり、Sタイヤだったりで
気合の入った人が多かったな。

この後、レストラン「ORIZURU」で昼食を済ませ
職場の人たちにお土産を買って(休暇取っちゃったからね)
いよいよコースイン。





ここから先は、カメラを含めて余分な荷物は全部降ろしちゃったので
走行中の写真とかは全くありません。

で、新しい富士のコース、旧コースと比べると、結構走りやすくなった気がします。
簡単になったっていう意味じゃないけど、なんか走りやすかったです。
舗装がキレイになったから、そのせいかな?

コース図とかで見ると、何となく旧コースの面影があるけど
実際に走ってみるとぜんぜん違っていて、もう頭の中真っ白…
どうラインを取ったら良いのか分からなくてヘボい走りになってしまった。

新しくなった最終コーナー(ネッツコーナー)は確かにテクニカルで攻略が難しそうだけど
走り方さえ分かれば、かなり面白いコーナーなんじゃないかな。


新調したADVAN NEOVAのグリップも素晴らしい。
どんどんアウトに膨らんでしまって、「ダメだ、曲がらねぇ〜」っていう場面でも
「…あれ、曲がったよ」って感じにちゃんと持ちこたえてくれる。

リアが滑り出すときも、突然“ズリッ”っと来るのではなく
徐々に“ズリズリズリ”っと来るので感覚がつかみやすい。
ホント素晴らしいタイヤに出会ってしまった。


途中ブレーキがあやしくなってしまい、それ以降はあまり全開にはできなかったけど
久しぶりの走行会で、自分なりに思いっきり楽しめたので大満足。







下ろし立てのADVAN NEOVAが…





あんまりキレイに減ってない。
ステアリングをこじてた証拠かな…。

そして、ブレーキがあやしくなりながらも最高速は225km/h




あ〜、楽しかった。
K君、ジャムメロンさん、会社を休んでまた行きましょう。


それと最後に
真っ赤に日焼けしながらビデオ撮影してくれたK君の彼女さん、
どうもありがとう!





TEAM OKAMOTO RACING
http://homepage3.nifty.com/tor_shizuoka/
(閉鎖してしまったようです)


オマケ
「7年前(1998年)の秋」




「イベント」 のトップへ
もどる



総合トップページへ
トップページ