イベント


高速道路の周回走行に挑戦!
2012年2月4日(土) 長野道〜中央道〜圏央道〜関越道〜上信越道〜長野道

あるインターから高速道路に乗って、どこかのルートで周回走行して同じインターで降りた場合、
通行料金はどうなる?…という疑問を持ったジャムメロンさん

勤務シフトが変わって休暇が一致しなくなり、一緒に遊びまわる機会が激減してしまったここ最近。
ようやく休暇が一致する日が訪れたので、実際にやってみることになった。

朝からジャムメロンさんの車(丸目GDBインプレッサ)の助手席に乗って無謀な実験スタート。


(↑ポータブルナビは自分が提供)

サービスエリアに設置されたETC専用のスマートICから長野道上り線へ、以降の走行ルートは…

梓川サービスエリア岡谷JCT(中央道へ)→八王子JCT(圏央道へ)→鶴ヶ島JCT(関越道へ)
藤岡JCT(上信越道へ)→更埴JCT(長野道へ)→梓川サービスエリア

…といった予定で。

ところが途中からちょっと不安になってきて、立ち寄ったSAや携帯WEBで情報収集。

すると、乗ったインターと降りたインターが同じだとETCのゲートが開かない可能性があることが判明。
さらに、その場合実走行距離に応じた料金が請求されるとのこと。

ここでジャムメロンさんの疑問は解決。
(ていうか、家で調べりゃわかったじゃん…)

なんか面倒なことになりそうなので、急遽一つ手前の豊科ICで降りることに。
まあ、大人としてアヤシイ行動は控えましょう…みたいな。
(アヤシイ行動しようとしてたくせに)

で、結局豊科ICで下車。
ちゃんと実走行分の通行料金を払ったけど、この日は土曜日、休日割引で半額になりました。(^^;
というわけで、始終ジャムメロンさんの運転で、総走行距離446kmのアホな実験は終了したのでした。





ではもう一度、この日の走行ルートを画像付きでおさらいしてみます。

梓川SAスマートIC


岡谷JCT(中央道へ)


双葉SAで遅い朝食「安曇野おやき」(10:20)



中央道、山梨県大月市付近(12:23)



談合坂SAで軽めの昼食「佐世保バーガー」(12:45)
 


八王子JCT(圏央道へ)


圏央道、東京都青梅市(?)付近(13:46)



圏央道、埼玉県入間市付近(14:06)



鶴ヶ島JCT(関越道へ)


高坂SAで休憩(14:43)



関越道、埼玉県嵐山町付近(15:04)〜花園IC付近(15:08)



藤岡JCT(上信越道へ)


横川SAでお土産購入(16:01)



上信越道、群馬県安中市付近(16:45)…この辺りで日没となる(16:54)
 


上信越道、長野県上田市(?)付近(17:43)
 


更埴JCT(長野道へ)


姨捨SAで夕食&夜景見物(18:02)

(ここからの夜景はちょっとした名所。長野市、須坂市方面が一望できる)

それから、ここでちょっとだけ雪に降られた…



豊科ICで下車

…と、実際は完全な1周ではなく「C」の字周りの走行でした。





走行区間を偽って料金を踏み倒したりしなければ周回走行自体は可能?
でもあんまりやらない方が良いかもね・・・・・・。



「イベント」 のトップへ
もどる



総合トップページへ
トップページ