イベント


ビーナスラインの始まりから終わりまでを完全走破!
2008年7月22日(火) ビーナスライン(蓼科高原〜美ヶ原高原美術館)




10日ほど前に行って来たばかりなのに、またまたビーナスラインをドライブ。
ただし今回はテーマがあって、そのテーマとは・・・・・・

ビーナスラインの完全走破

「ビーナスライン」 と呼ばれる道路の、始めから終わりまでを走り切ろうというもの。
ビーナスラインが好きだったら一度はやってみたい…っていうか、まずそれやれよって感じですが。

少しはイベントっぽいドライブになるかな?

ビーナスラインは、蓼科高原から美ヶ原までのいくつかの高原を結んだ
全長約75kmの観光道路。
これの 「始め」 から 「終わり」 までってことだけど、「始め」 というのは蓼科か美ヶ原か、さてどっち?

…って、ガイドブックなどには、ビーナスラインの始点は茅野市側(蓼科)とある。
「端」 から 「端」 までと表現するなら美ヶ原スタートでも良いんだけど、
ここは一つ、ガイドブックの表記に従って蓼科スタートで行くことにした。

というわけで、スタート地点へ向かうべく松本ICから高速(中央道上り)に乗って南下。


松本IC

中央道上り

そして諏訪ICを降りて国道20号(茅野市街)〜152号を経てビーナスラインへ。


諏訪IC

ビーナスラインスタート


まず最初に訪れるのは 「蓼科高原
…っていうか、それまではコンビニや飲食店、企業などの建物があって、あまり観光道路という感じではない。

 

蓼科高原はまだ標高がそれほど高くないためか、森の中を走る感じ。
でも緑に囲まれた中を走るので気持ちが良い。(この辺りから窓は全開)

そして蓼科高原を過ぎると、次は 「白樺湖

 

…って、湖の写真はありません。
左の写真は 「間もなく白樺湖」 という辺りで、右は 「白樺湖畔」 (左手側が白樺湖)

で、白樺湖を過ぎると 「車山高原
この辺りから最もビーナスラインらしい景色になる。



上の写真の先にちょっとした展望場所があったので、そこで小休止。

眼下に先ほど通過してきた白樺湖を見ることができる。

白樺湖(ワイド)  白樺湖(ズーム)
車山高原から白樺湖を望む (クリックで拡大)

風が涼しくて気持ちが良い。
車を降りた瞬間、スゥ〜っとなった。

さて、車山高原を過ぎると、今度は 「霧ヶ峰
「この辺りから霧ヶ峰だよ」 という所まで来ると、左手にドライブインが現れる。



このドライブイン、前回のドライブでの折り返し地点となった 「富士見台」

ここからしばらくは、「これぞビーナスライン」 といった景色が続くので、スピードを落として絶景を楽しみたい。

 

右上の写真の先にビーナスラインの中では結構大き目な交差点がある。
また、その角にあたる所には 「ドライブイン霧の駅」 がある。

この交差点を右折するのがビーナスライン。 (直進すると林道を経て諏訪市街(国道20号)に出る)
というわけで、右折して美ヶ原方面へ向かう。



しばらく行くと、「八島ヶ原湿原」という湿原があるので、ちょっと立ち寄ってみた。



遊歩道があるということだが・・・・・・

  

今回の目的は別にあるので、遊歩道の散策はまたの機会にということで…。
展望場所からの眺めを堪能するだけにしておいた。

八島ヶ原湿原

八島ヶ原湿原全景 (クリックで拡大)
ちなみに、別々に撮った2枚の写真を合成してパノラマ写真風にしたもの。

八島ヶ原湿原を後にして、いよいよ終点の美ヶ原を目指す。



霧ヶ峰と美ヶ原の中間辺り

そしてついに 「美ヶ原
再び見晴らしの良いコースになるので景色を堪能することができる。

 

更に進むと、草原の中に無数のオブジェが現れてくる。(今回写真は無いけど)
これが 「美ヶ原高原美術館」 で、ビーナスラインの終点。



というわけで、ゴール!
(後ろの赤い屋根の建物は、美術館ではなくレストランと売店)


所々で観光バスや軽自動車がペースカーになったりしたものの、所用時間は約2時間といったところ。
帰りはいつもの 「よもぎこば林道」 を下って松本市内に出た。

もう一度今回のルートをおさらいしてみると…
松本IC〜中央道上り〜諏訪IC〜国道20号(茅野市街)〜国道152号〜
ビーナスライン (蓼科高原〜白樺湖〜車山高原〜霧ヶ峰〜美ヶ原)〜
よもぎこば林道〜県道67号(松本市街)〜至国道19号

…といった感じ。

ビーナスラインはいくつもの高原を経由する中、それぞれのポイントで景色が変化していって面白い。
だからビーナスラインは何回走っても飽きないのです!





ビーナスライン情報 信州・夏の高原ドライブ特集('07)
http://kousokubiyori.jp/kuruma-de-go/vol013.html



「イベント」 のトップへ
もどる



総合トップページへ
トップページ