装着パーツ

オーディオ / デッドニング

エーモン  AODEA デッドニングキット

 

車で音楽はたまにしか聴かないし、音質に対するこだわりもそれほどは無い。
でも、何となく興味があったので施工してみた。

…が、オーディオに関しての知識が疎いため、デッドニングと言っても何を揃えたら良いのか分からない。
そこで、必要な物が一式セットになったデッドニングキットを購入。



結果は?

低音、特にドラムの音の歯切れが良くなったし、ボーカルもクリアになった感じ。
その違いはボリュームを上げるとはっきり分かる。
今までは、ボリュームを上げるとただうるさくなっただけだったのが、大きな音でもちゃんと聴いていられるようになった。

車で音楽はたまにしか聴かないけど、これで少しは聴く頻度が上がるかも?




〜 施工編 〜

まず、当り前だけど、ドアの内張りを外します。



内装を外すには専用の工具 「内装剥がし」 があると何かと便利。



上の写真の工具を使って内張りを外していきます。


ドアミラーの裏側

レバーのカバー

ドアヒンジ付近のクリップ

ドアノブのカバー (ここだけネジ止め)

あとはドアパネルと内張りの間に内装剥がしを差し込んで軽くこじれば簡単に外れる。

 

この通り〜



で、スピーカーを外して、防水用のビニールシートも剥がしてしまう。



防水用ビニールシートは、もう使わないので捨てちゃってOK。

そうしたら、キットに付属の 「デッドニング前処理剤」 を使ってクリーニング。
アウターパネル内側とインナーパネルのサービスホール周辺をメインに油分を拭き取ります。

 

ここまででやっと前処理が完了。
本当は防水用ビニールシートを接着していたブチルゴム(黒いベトベトしたやつ)も綺麗に取り除くんだけど、
最終的には内張りで隠れてしまうわけだし、まあ良いか…ってことでそのまま。

ただし、服や手に付着すると落ちなくなってしまうので注意。

さて、いよいよデッドニング材の貼り付け。
まずはアウターパネル用の制振シートを、貼る部分の大きさ(面積)に合わせて切って貼り付ける。


サービスホールから手を入れて貼る

サービスホールから中を覗くとこんな感じ

サービスホールから手を入れて作業をするときは、ホールの縁で手(というか腕)をケガしないよう注意。
自分は2ヶ所やりました・・・・・・。

続いてスピーカーの後面にあたる部分に吸音シートを貼り付ける。



ちょっと分かりにくいけど、丸い穴の中の黒いスポンジが吸音シート。
スピーカー取り付け穴よりも大きめに貼ります。
ここは、ちょうどアウターパネル用制振シートの上に重ねて貼る形になる。

次にインナーパネル用の制振シートの貼り付け。
アウターパネル用のと同じように、貼る部分に合わせて切って使う。


それぞれのサービスホールを塞ぐように貼る
念のため小さな穴も全部

ドアのロックとオープン用のロッド部分
ここの処理はちょっと苦労した

まあ、多少てこずりながらも、こんな感じに完了。



スピーカーを取り付けて…



そのスピーカーの周りに防音テープを貼り付ける。



で、一応完成!



当り前だけど、内張りを元に戻します。
さらに当り前だけど、反対側のドアも同じ手順で施工します。





「装着パーツの紹介」へ


「インプレッサ」 のトップへ
もどる



総合トップページへ
トップページ