装着パーツ

その他 / ワイパー関係

ミツバ  ワイドウォッシャーノズル



ウィンドウォッシャー液が扇状に拡散して噴射される。
そのためフロントガラスの、より広い範囲にウォッシャー液が行き届くようになる。

本当は純正と同じ黒にしようと思ったけど、たまたま白とクロムシルバーしか無かったので白にした。
まあ、車が白なので違和感は全くないけど。

 
 

今まで純正ノズルの角度をいろいろ微調整して、少しでも多くの範囲をカバーするようにしてみたけど、
やっぱりピンポイントで4ヶ所というのでは限界があった。

で、これにしたらウォッシャー液は霧状になるので、
ワイパーの動作範囲にまんべん無く噴射されて良い感じ。

 

ただし、上の写真のような状態だから走行中に噴射させたら前が見えなくなってしまう。
それに「霧状」ということは走行風などの影響も受けやすいということになる。
停車中に使うのが無難ってことか…。




「装着パーツの紹介」へ


「インプレッサ」 のトップへ
もどる



総合トップページへ
トップページ