トラブルを乗り越えて


雪道でクラッシュ 〜クラッシュから復活まで〜
2007年1月6日(土)〜3月6日(火) 通勤途中の右カーブでコースアウト




2007年、年が明けたばかりの1月6日、仕事始めの次の日の朝、新年早々2日目の通勤途中での出来事。

その日は深夜から雪が降り続け、道路上にも数pほど積もっている状態だった。
でも冷え込みはそれほどでもなく、積もっている雪はシャーベット状で最も滑りやすい状態。
(雪は凍った状態よりも水分を含んでいる方が滑りやすい)

緩やかな右カーブに差しかかったためハンドルを切った。
・・・ハンドルを切った・・・・・・切ったのに車の向きが変わらない!?
確かにちょっとオーバースピード気味でもあった。
アンダーステア・・・というより、正確には雪にハンドルを取られたという感じ。

そのまま道路脇の立ち木に突っ込んでしまった。

ヒットした瞬間、木の枝に積もっていた雪が衝撃で全部車の上に落ちてきて、一瞬で何も見えなくなった。
ちょうどアニメとかの“木を蹴ったら雪が全部落ちてきて自分が雪だるまになる”シーンを再現したみたい?
強引にワイパーで雪を払い、安全な(と思える)場所に無理やり移動して車の状態を確認・・・


折れた木の枝が…(門松じゃありません)

足まわりも逝った…(フェンダーが…)

「ADVAN」の「A」の形に塗装が浮いた…

スモールランプのレンズが消えた…




_| ̄|○ ガックリ


ガックリしながらも、いつもお世話になっている車の整備工場さんに連絡。
朝から・・・ていうか新年早々からキャリアカー出動でご迷惑をおかけしました。

本年もよろしくお願い申し上げます。 平成19年 >店長さん

で、そのまま整備工場に入院。

事が週末だったので、休み中に整備工場さん所有の代車を貸してもらい、週明けからは元気に(を装って)出社。

これからしばらくお世話になる代車は・・・


三菱 ミニカトッポRt


それから一週間ほど経ってから修理の見積もりを出してもらったところ、やっぱり軽く数十万・・・

また 
_| ̄|○ ガックリ

少しでも安くなるように、外装パーツは中古部品を探してくれるという店長さんの温かい言葉。
でも、足まわりなどの機能パーツに中古を使うのは怖いから新品にするとのこと。

一時は程度の良い中古車を探して乗り換えようかとも思った。
そして、そのことも含めて店長さんに相談してみた。

すると

店長「中古買って、そこからまた自分好みに手を加えるんだよね?」
自分「ええ、まあ、そうなると思う。」
店長「だったら直した方が修理代だけで済むじゃん。」

この言葉には「またサーキットを全開で走れるまでに直してやる!」という意味が込められていた。
この整備工場さんに黙って全部任せておけば間違いは無いのだ。












ミニカトッポでの生活が妙に馴染んできてしまった3月6日、クラッシュからちょうど2ヶ月後。

仕事中は持ち歩かず机の引出しに入れてある携帯電話を定時後にチェック。
すると1件だけ留守電が入っていた。

「修理完了したからいつでも取りに来て!」

!!!

こうしちゃいられねぇ〜!


本当は残業でPC上の資料の整理をしようと思っていたんだけど、そんなことはどうでも良くなった。

「じゃ、帰ります!」

トッポでの最後のドライブにもかかわらず、最短距離で整備工場へ向かう。







おぉ〜!! 久しぶりだなぁ、インプレッサ〜!

しっかりスッピン顔になっちゃって。


・・・・・・あれ?

なんか顔つきが違うような・・・って、後期型バンパーじゃん。
ふと2ヶ月前の店長さんの言葉を思い出した。
「外装パーツは中古部品を探すから。」

・・・そういうことか。



まあ、ちょっとはこんなことも期待しちゃったりもしたからむしろラッキー。

しかし、もっとよく見ると・・・・・・



クリアウィンカーレンズが純正に戻ってしまった。

さらに


右フェンダー

左フェンダー

左フェンダーだけSTiエンブレムが無しになってしまった。

ぜんぜん気になりませんが。

そんなことより、走りが完全に元通りになったのが嬉しくてしょうがない。
ハンドルから手を離しても、どこまでも真っ直ぐ進んで行く感じ。
変な振動とか異音とか全く無い。

これなら本当にまたサーキットとかガンガン走れそう
あぁ〜、早く走りてぇ〜〜!!

あとステッカーも貼り直さないと・・・やることいっぱいあるなぁ。(嬉しい)





が、しかし!?



3枚に及ぶ納品書に部品の名前がギッシリ。




現実に引き戻された瞬間。


やっぱ 
_| ̄|○ ガックリ



「トラブルを乗り越えて」へ


「インプレッサ」 のトップへ
もどる



総合トップページへ
トップページ