トラブルを乗り越えて


燃料ポンプ故障
2006年4月8日(土)〜13日(木) 整備工場へ入院

今回は画像無しだけど、一つの記録として残します。

それは夜勤明けの朝の帰宅途中に発生。
あともうちょっとで家、というところで突然何の前触れもなくエンジンの吹けがおかしくなった。
アクセルを踏んでも「ポスン、ポスン」と変な音をたててブーストが上がらなくなってしまったのだ。

なんとか家までたどり着いてボンネットを開けてアイドリングしながら様子を見てみる。
すると、見ている目の前で「ポススン…」とかいってエンジンが止まってしまった。

えええええ〜〜〜!

その後は何度セルを回しても再びエンジンが始動することはなかった。

とりあえず車は家に置いて、いつもお世話になっている整備工場までダッシュ!!
(整備工場は自宅の隣なので余裕でダッシュできる)
店長さんをつかまえて今あったことを話すと、とりあえず家まで見に来てもらえることになった。

どうも燃料ポンプかその配線が逝っちゃってるっぽいとのこと。
そういえば、エンジン始動前の「シュウゥゥゥゥ」っていうポンプの作動音、してなかったな。

もっと詳しく見るために整備工場まで牽引することになって、軽1BOXのサービスカーが出動。
店長さんと従業員の兄ちゃんとによってインプレッサが牽引されて行った。

で、詳しく調べてもらった結果、やっぱり燃料ポンプの故障だった。
そしてそのまま整備工場に入院決定!





5日間の入院生活(自分は5日間の代車生活)の末、無事修理を終えたインプレッサが退院してきた。
で、修理の納品書を見ると・・・・・・

請求額   工賃込 62,000円

燃料ポンプって、意外と高い部品なのね。



「トラブルを乗り越えて」へ


「インプレッサ」 のトップへ
もどる



総合トップページへ
トップページ