インプレッサ


余命宣告!?

余命2年のインプレッサ 〜 記 : 2010年7月23日

2010年7月初め、インプレッサが6回目の車検を受けました。

いつもの整備工場さんに預けての点検整備。
このとき整備工場の店長さんから衝撃的な事実を突きつけられてしまいました。

「あのインプレッサだけどさぁ…
乗ってもあと2だわ。次の車検は受けないつもりでいてよ。」

えぇ!?

どうやら点検整備の結果、至るところに痛みとその予備軍が見つかったらしいのです。

クランクシャフトの軸受けメタルが劣化してエンジン内部から異音が出始めている。
クラッチとミッションも大分くたびれてきている。(これは自分も何となく分かっていた)
ボディーに加えメインフレームにも錆びが出始めている。

直して直らないことはないが、お金がかかり過ぎること。
生産終了から10年が経過するとメーカーも部品の在庫を持たなくなってしまい、直したくても直せなくなってしまうこと。
自分の車のことは隅々まで知ってくれている店長さんが、それらの状況を見て判断した結論です。
そんな店長さんの言葉だけに説得力ありすぎ…。

ついに
余命宣告を受けて、インプレッサとの道楽生活にもタイムリミットが付いてしまいました。
「次の車検は受けないつもりで」って、なんか「次の誕生日までは生きられません」って言われたみたいだなぁ。
余命2年のインプレッサ」…みたいな。

ついに正真正銘、プロの整備士さんに認定された本物のポンコツになっちゃいました。

あと2年乗ったとすると15年…納車のときに生まれた赤ちゃんも中3ですわ。
それだけ乗れば十分かもしれないけど、もっとしっかり手入れをしていればもっと乗れたかもしれない。

エンジンオイルの選定が間違っていた? 運転が下手だったり、洗車のしかたが悪かった?
ついそんなネガティブな考えも出てしまう。
でも考えてみたら新車で買って乗り潰すわけだからそれはそれで満足ですけどね。

これを書いている時点では、2年後のことはまだ何も考えていません。
とりあえず、今は残されたインプレッサとの時間を有意義に過ごすだけです。



余命1年を切って 〜 記 : 2011年8月9日

いよいよGC8インプレッサの余命が1年を切りました。
ということは、今後訪れる日々は毎日がGC8インプレッサと過ごす最後の日々、ということ。

これからはより一層密度の濃いカーライフをエンジョイしないとね。

ところで、去年(2010年)の今頃はまだ何も考えていなかった次期愛車のこと。
さすがに一年たったら少しはいろいろと考えるようになりました。

― 購入時期に関して ―
Xデーは2012年7月29日」とか言っといてアレですが…
寒い冬を避けて、来年(2012年)の春くらいを予定しています。

まあ、当初は今年の秋くらいの買い替えもアリかな?なんて考えもありました。
…が、東北地方の震災の影響で春から夏にかけて自動車工場の操業度が著しく落ちました。
そして新車はおろか中古車までが市場で不足するという事態に。
なので、いろいろバタバタしている中で焦ることもないだろうと、今年の秋の買い替えは無しにしました。

で、今のところ最も有力なのが「来年の春」というわけ。

雪が溶けて春になるのと同時に、新しい愛車で車道楽も再スタート!…みたいなのが理想かな。

― 車種に関して ―
・・・・・・これはまだあれこれ思案している真っ最中です。
新車なのか中古車なのか…その辺も含めて未定です。
今言えることは…まだミニバンと軽自動車は選択肢には無い…ということ。
私ごんせいが次期愛車にどんな車を選ぶのか、乞う御期待!!(?)

とりあえず2011年中は、より一層密度の濃いGC8とのカーライフをエンジョイする方が優先ですかね。



次期愛車への道』へつづく



「インプレッサ」 のトップへ
もどる



総合トップページへ
トップページ