ステッカー

〜 2007年実施 〜

再施工&変更  〜フォグランプカバー編〜

雪道クラッシュの修理で外装パーツに中古品を使ったため、フロントバンパーが後期型用になってしまった。
それは良いんだけど、中古部品ゆえにフォグランプカバーに標準のSTiロゴステッカーが無い。



純正品を取り寄せれば済むことなんだけど、
せっかくステカがあるので、この部分も作成してみることにした。



--- 2007年 4月6日 ---

どうせなら純正品と見まがうような本物そっくり品を作ろう!
というわけで、まずは雑誌やネットの画像を参考にサイズの割り出し。

ところが、なかなか良い感じの画像が見つからない。



で、やっとみつけたのが手持ちの雑誌にあった上の物。
ここから無理やりに割り出したサイズは・・・

STi」 ・・・ 12cm
SUBARU TECNICA INTERNATIONAL」 ・・・ 15cm

ん〜〜、ホントかなぁ・・・・・・。
こんなことならD型純正のときに採寸だけでもしておけば良かった。

自信が無いので急遽予定変更。
本物そっくり品を作る! ⇒ 何となくそれっぽい物を作る!
・・・・・・でいきます。

もう、どうせニセモノなんだから何か本物とは違うことをしよう・・・
ということで、「SUBARU TECNICA INTERNATIONAL」は黒ではなくグレーで作ることにした。



ちなみに「
STi」の色、オンラインショップでは「チェリーピンク」として扱っているもの。
これが、STiでいう「チェリーレッド」とほぼ同一色。
2つを並べて比べてみて初めて、ほんのちょっと明るさが違うかな?・・・という程度の違い。



--- 2007年 4月7日 ---

次の日、フォグランプカバーの方にマスキングテープで位置決め。
1つなら良いけど、右用と左用で左右対称に2つやらないといけなくて
これがなかなか上手くいかなくて、今回のステッカー貼り付けの中で一番苦労した所。



でも貼り付けの方は簡単に終了。
室内だしステッカーも小さいので、水貼りではなくそのまま貼る方法で。



SUBARU TECNICA INTERNATIONAL」は不要部分も一緒に貼ってあります。
そして貼ってから不要部分を剥がせばOK。



はい、この通り〜!



同じことをもう1回やって、もう片方にも貼り付けます。



結構良い感じにできたみたい。
バンパーに取り付けてバランスを見てみましょう。


 

おおっ、なんか良くね?
意外と「本物そっくり品」・・・ていうか「本物」って言っても通用しそうな感じ?




「再施工&変更」へ


「ステッカー」 のトップへ
もどる



総合トップページへ
トップページ