ステッカー

〜 2006年実施 〜

リペア&リトライ  〜ついに「近くで見ちゃイヤン仕様」に!?〜

ある日、コイン洗車場で洗車をしていた。

調子に乗って、やや至近距離から高水圧で泥やらホコリやらを吹き飛ばしていると・・・・・・


ベリッ!!



煤i ̄□ ̄) あっ!!

あぁ〜、やっちまった…




助手席側後部ドア、上の写真の
赤丸の部分が浮いてきていたのは知っていた。
しかし、洗車場の水圧に負けるとは思わなかった。


こうなったら全部剥がして貼り直すか?

いや、もうそんな根性は無いので、なんとか補修をしてみることにした。

まずは破れてしまった部分を切り取るべく、ドアに直接定規を当てて、意を決してカッターの刃を立てる。
(どうかボディーには届いていませんように・・・)



ベリッ!!」の予備軍になっていた黄色の部分も一緒に切り取る。

残した上下の部分に3mmほど重なるくらいの幅にカッティングシートを切って、現物合わせで位置を決めて
凹型のプレスラインに空気が入らないよう注意しながら貼り付け。

今回ステカは使ってません。



ほ〜ら、ぜんぜん分からない。


  

あっ、近くで見ちゃイヤン!

・・・まあ、このくらいはしょうがないよね。
個人の手作りらしい味が出て良い感じ・・・・・・と、無理やり思うことにした。


で、最後に一緒に剥がしちゃった細かい文字とかを貼って完成。






ここはステカを使いました。




というわけで、自分的にはすっかり元通り。




ごまかし修復大成功!



そして今回は更に、あの時失敗した部分のリトライにも挑戦。



・・・って、“あの時”ってどの時よ?

はい、“あの時”とは、この時のことです。



「2005年 : 追加&変更('04仕様から'05仕様へ)」 (→参照

その中でのこの部分


【 CGとの比較 】



CG

実物

うん、今回もイメージ通りに完成したぞっ!

・・・え? あれ? もしかして気付いた? Cピラーの部分。
CGにはあるのに実物にはありません。


そう、一度は貼ったものの位置決めに失敗して剥がしてしまった箇所。
今回この部分のリトライにも挑戦してみた。

まずはステカで切り出して・・・




とにかく焦らずゆっくり・・・



・・・ふう、今回は何とか成功。


よく見るとCピラーのこの部分って、何となく三次曲面になっているので
面積の広いステッカーは縁の部分が浮きやすい。

以前はこれで失敗したんだよなぁ〜。

窓枠のラインに合わせて余った部分を切り取るときも、浮いた箇所にカッターの刃が引っかかった。

今回はそれに関してもちょっと慎重に
「少し大き目にカットしてパッキンの下に潜り込ませれば良いんじゃない?作戦」

  

・・・ていうか、ある意味これが基本かも。







これでやっと(2年越しで)本当の意味での「イメージ通り」の仕様になった。

うん、満足。



「ステッカー」 のトップへ
もどる



総合トップページへ
トップページ