ステッカー (ステカのこと)


ちょっと工夫 その1

カッティングデータの作成途中で仕上がりをイメージしたり、修正箇所を確認したりしたくなったら?
そんなときは実際にステカでカッティングシートをカットしてみれば一目瞭然。

…なんだけど、試し切りにばかりカッティングシートを使っていたらもったいない。

そこで

下の写真のような物を作成。



これはボールペンのインクにガムテープを巻きつけてステカのカット刃と同じ太さにしたもの。

これを純正のカット刃の代わりにステカに装着。

 

左がステカ純正カット刃、右が作成したペン先。

更にカッティングシートの代わりにA4サイズの印刷用普通紙を装着してカット動作をさせると…

 


写真はちょっと分りづらいけど、要するにステカを普通のプロッターのように使うってこと。
これならカッティングシートを無駄にしないで済むね。

他のステカユーザーさんのサイトで見たアイデアの請売りだけど、これは良いです。

ちなみにインクが赤いのとガムテープがピンクなのにはまったく意味はありません。
ただ、たまたまあったのがこれだっただけ。




「ステカのこと」へ


「ステッカー」 のトップへ
もどる



総合トップページへ
トップページ