DIY
自作レンガ式ピザ窯パン窯の製作
カントリー風
ガーデニング・キッチン

物置が壊れてしまい、ついにドアが開かなくなってしまいました。 原因は横から来る土の圧力で歪んでしまった様です。 仕方なく物置を撤去してブロックを積むことにした。 勿論セメントを扱うのは初めてでした。 家内が此れ「大丈夫?」と言われ倒れ防止を考えた事。 此れが「ことの始まり」です。 

水準器を使って水平を取るのですが、 セメントが接着剤のような粘度が無いので本当に付くのか心配でした。 一応翌日には固まっていて安心しました。 この時、此処にピザ窯とガーデニング・キッチンを作ろうと決めました。 花畑の一部を壊して勝手に進めたので、後でキッチリ怒られたのは言うまでもありません。
ピザ窯の床作りが始まりました。 ホームセンターに行ってみるとフランス製の耐熱ブロックが有ったので使ってみました。 ただ、耐火セメント1kg約500円。 此れは高すぎるので急遽アサヒキャスターを注文しました。 最終的に全部で3.5袋使いました。 
セメントはアサヒキャスターを使いましたがレンガに馴染みません。 結局レンガは水に浸して使いました。 写真の様に新しいブロックを押し入れ濡れたブロックが反対側から出てきます。 この濡れたブロックですと吸着も良く良い感じです。
実は、なかなか上手く行きません。 水平を取るのが難しいく、強く叩くと加工済みの所まで外れてしまい、一度取れると同じ所には付きません。 一応、2重構造なので 中間には空気層と部分的に普通のセメントに小石を混ぜ流し込みました。 保温性は抜群です。
前側は高熱には成らないので普通のレンガを並べました。 窯の最下部は空気取り入れ口の予定でしたが、間違えて多く積み過ぎてしまいました。 ダッチオーブンやハンゴウも出来ると思うので此のまま行きます。
此処が火床になる予定の場所になります。 鉄の蓋も用意する必要があるかも知れませんが、下を火床にして此処にダッチオーブン。 更に上でピザを焼く・・・・。 此れも有りです。
火床が完成したので焼床の準備です。4mm厚のLアングルを組み合わせ前面のブロックを積みます。 アサヒキャスター・・・・ちゃんと付くか心配です。 普通のセメントに比べると付き難いような気がします。
前面のブロックが固定出来ましたので、いよいよ焼床をアサヒキャスターで作ります。下側の一部は薄い合板を使って有ります。 素人が平らに加工するのは難しいです。 出来れば先に別途作った方が正解です。 実は、1時間後位に点検した時には中央が1cm位下がっていました。 6mmの合板が水を吸って変形したのです・・・・。 応急処置・・・何とか間に合いました。
24時間待ってこの状態に成りました。 写真では分かり難いですが後ろ側は100mm位の空間が有り、下側の燃焼室から熱気や火が回り込んで来る構造です。
元々物置が有った所なので本当は庭の形が悪い場所です。 ピザ窯の向く方向を手前のブロックの幅で適当に決めましたが、内側に向き過ぎました。 チョット失敗です。 丁度、芝桜の綺麗な季節です。
だいぶ雰囲気が出てきました。 一般的には内側を作った後で外側を作ると思いますが、私の場合は逆です。 ブロックを積んだ内側に適当な隙間を開け、ピザ窯の製作ですから・・・。
扉を取り付ける為に、鉄のアングルを先に組んで、垂直や平行を合わせながらの作業です。 この時点で直角が」取れていません。 仕方なく現物合わせで適当に・・・・です。
扉の溶接です。鉄板は3.2mm厚の物をカットして作りました。 溶接は上手くありません。 練習のつもりで、扉から作って見ました。 何回か扱っていると最終的に溶接のコツが判ってきました。 手前に引きながらチョンと当てれば火花が飛び、持続します。 そうしないと溶接棒がくっ付いてしまい、時には真っ赤に成ったり一寸危ない時もありました。
鉄枠は使用中に外れないように全体を囲む様にしてコンクリートで固めました。 当然後で隠れてしまいます。 この頃に成ると溶接もスイスイ状態で調子よく出来る様に成りました。
耐熱煉瓦をカットしながら温度計も先に組み込みました。 直接炎が当らない様に、更に、雨などで濡れない様にメーターの厚み分奥にしてあります。
右側の鉄棒を手前に引くと、下側の扉が開き、焼き室に直接熱気が入り、奥側にすると焼き室の扉が閉まり、其の鉄板を熱しながら後ろ面に熱気が抜ける構造です。 煙臭いピザでは美味しくないですので、少し工夫をして有ります。
煙突のダンパーです。 これは熱気が抜けすぎないように調整する為の物で、レバーを前後する事で上の鉄板が開閉します。 平行に移動させる必要が有るので後方にもガイドの溝を作ってあります。
写真の様に 右側が内部の扉を開け閉めでき、左のレバーは煙突のダンパーで開閉が出来る構造です。 右側レバーには2箇所溝が彫ってあり、必要な所でロックする様な機構になっています。
鉄が錆びないように錆び止めを塗りましたが、気持ばかりが先走って下側の取っ手を付けるのを忘れてしまいました。「やっちまったな〜」。しかも・・・耐熱塗料の方が良いんじゃないの・・・?。 結果から言うと、高熱で溶けたり焼けたりしませんので問題在りませんでした。 何回か使っても今のところ大丈夫です。
上面のアーチ部分には適当に設計した図面を元に実物大の大きさで印字して紙を張り合わせ、合板にマジックで描画してジグソーでカットする事にしました。
12mmのコンパネをジグソーで切って作りました。 ブロックよりも少しちいさ目に作って、ゴム・ハンマーで叩き込んで、隙間にセメントを流し込む方法を取りました。 其の為にコンパネは この1枚で澄みました。 白レンガに比べて赤レンガの方が寸法が若干大きいようでした。
ブロックの加工時は一日の作業が終わると念の為にブルーシートで養生しておきました。 九州の方では梅雨入りした様です。 この部分だけでも早く終わらせたいと思い、朝5時から夕方7時頃まで・・・普段の仕事以上に疲れます。 大きな声では言えませんが仕方ないので月曜日は会社で体を休める事になります。
ピザ窯が概ね完成して、いよいよキッチン部の製作にも入ってきました。 窯をよく見てみると、下側の扉の取っ手が付いていませんでした。 計画段階では、受けを狙って「アンパンマン」の絵を描こうと思っていたのですが、全て忘れてました。
日本の南部では既に梅雨入りしているの為と、この後の工程は木材等も使うので、先に屋根を作る事にしました。 ブロックの孔にCチャンを入れコンクリートを流し込んで更に溶接しながら組立てていきました。 後で判った事ですが、手前側と奥では5cmも高さが狂っていました。 ブロック1個1個を水平にしても全体で大きな違いに成ってしまいました。 良く見かける黄色の糸を張って工事する意味が今解りました。
前側は土なので 土台となる基礎工事を簡単に行ないました。最終的には此の部分は後で全面コンクリートの床にする予定です。
図面も無く、適当に現場に合わせで作って行くので、作業は早いです。 1人での作業だったのでクランプ等を駆使しながら仮に固定して様子を見ながら適当に組付けて行きました。 自慢じゃ有りませんが、やはり手前2本の柱の位置は少し狂っていました。
名前は知りませんが(切断機?)会社から鉄を切る機械を借りてきました。 熱いですが火花を飛ばしながら気持ちよく切る事ができます。 写真を見ると判りますが30回位カットすると大きな刃が写真の様に小さく成ってしまいます。 
朝から1人でやって1日で色塗り迄終わりました。 この状態に成ると上に載っても全く問題ない状態です。 最終的には前面側にクロス状にもう少し補強するとより安全ですかね?。
ホームセンターから格子状の木枠を購入して付けました。 高さが600mmの物に合わせて設計したので無加工でバッチリ付きました。 この状態で多少の雨でも中には入ってきません。
タキロンの波板を天井に付けて屋根の完成です。 此れで、多少の雨でも工作が出来ます。 現状横3mで奥行きが1.8mです。 雨が内部に回り込むので後に4m迄伸ばしました。
こちらも梅雨に入ってきました。 屋根の幅が小さかったので、多少の雨でも中に入り込んできます。 応急処置でブルーシートの屋根を付け対応してます。
鉄骨が3mだったのですが、左右50cmづつ伸ばす事にして金具を作りました。 丁度良いサイズの板状の鉄が売っていました。 このパーツを差し込んで反対側も再度溶接しなくては成りません。
50cmの金具を追加して色を塗った状態です。 接合部は外側は勿論のこと、内側もシッカリと溶接しました。 ビクビクしながら上に乗ってみました。 さすが鉄ですね、木材とは違いシッカリしています。 ただ、面倒な事に鉄の裏側にも錆び止め塗料を塗る必要が有ります。
左側がご飯を炊く釜で、右側が焼肉用に成ります.。 右側に見える鉄骨はバーヘベキュウが出来る焼肉グリル用の煙突になります。 もう少し早く気がつけば中央にセットしたのに・・・。 鉄板を置いて見た時、煙の出る場所が無かった為、急遽右奥の場所に煙突を付けました。 「間に合ったド〜」
レンガのカーブの部分です。 コンクリート用カッターの刃をディスク・グラインダーに付けて細かく切れ込みを入れ、ハンマーで欠いて行きます。
インターネット・オークションで釜を見つけました。 アルミ製より鉄の方が良いと思い中古鉄釜を落札しました。 木の蓋は自作です。 近くに有ったバケツが28cmだったので其れで円をかきました。 重い程良いと思って7cmの角材を4列合わせ丸く加工してステンレス製90mmの木ネジで止めながら作ってあります。 しかし、安い材料は棒の四角部分も直角すら出ていません。
これでご飯が釜で炊ける様になりました。 耐熱煉瓦、鉄釜、木の蓋を其々密着する迄、削る等して調整しました。 美味いご飯が出来ることでしょう。
バーベキュー・コンロです。 網をのせ焼肉も出来ます。 鉄板を使った料理の場合には右奥の煙突が重宝します。 大きな鉄板で全体を塞いでもバッチリです。 凄く良いアイデアでしょ〜。 実は製作途中で気がつきました。 鉄板を乗せてみて・・・煙の行き先が無い事に気がつきました。 あぶない・・・間に合った!。
梅雨の季節は地面がどろどろなのでセメントを敷き詰めました。 家族総出での共同作業に成りました。 セメント1袋に対して砂は3袋です。 此処にセメント5袋、下には砂利と鉄筋を使いました。 えらそうに語ってますが詳しくありません・・・本当に適当ですが、上手く出来ました。
薪置き場の加工です。 上面の木材・・。 デザイン・・・失敗した感じもしますが! 薪は沢山るので妥協です。 実は中には鉄骨があって丈夫に作ったつもりですが強度の面で多少の心配ありましたが、ブロックを2段積む事で頑丈に成りました。
右側には水道とシンクです。写真では判りにくいですが、ハンドルの部分には小鳥が付いていて、私が言うのも何ですが可愛いです。 シンクは花瓶、中にはステンレス・ボウルを加工して自作しました。 この花瓶・・・真円では無かったので台の穴あけは苦労しました。
シンク用に使った大きな花瓶は石材用のカッターで加工が出来ました。 排水ホースが通るように底を切抜き、パイプは凍結防止の為、ストレートに配管してあります。
扉も自作しました。 現物合わせです。 写真の様に簡単な構造にしました。 枠を作った後、隙間の間隔をあわせながら横向きに1X4の板を貼っていく方法です。 枠の更に奥側に貼るので厚みが有る事が欠点です。 
結構手間のかかる作業ですが、図面も無く現物合わせなので、この方法が私には合っています。
この場所が家の入口に近く、誰かに覗かれるのも嫌なので通路にも扉を付けました。 ホームセンターにある3X6の材料をそのまま使いました。
メインの屋根にも穴をあけ煙突も完成です。 ピザ釜にも屋根を付けました。 屋根材はホームセンターで適当な物を買っていました。 この材料、ハサミで簡単に切れたのでスライド・ノコを使いました。 ところが材料の中に砂が混ざっているらしく、その後、1万円の刃が、まったく切れなくなってしまいました。「泣き泣き・・・です」 
仕上げに向け床部は石を敷き詰めました。 近くのホームセンター600X300で写真の様な物を見つけ、並べることにしました。大きさや厚みが一定では無いので面倒な作業でしたが、出来上がってみると見栄えが良いです。
夜間はLED照明で気分も最高です。 家内が料理を作っている間、私1人でビールを飲んで待っています。 この後「枝豆」が来る予定だったんですが・・・。
季節によりますが、冬以外は花で一杯になり綺麗です。 写真では解りにくいですが芝も見事に生えて来ました。

ご飯を炊いてみました。 驚くような蒸気でビックリしました。 今回は3合たいてみましたが、水分が少し足りなかった為に少し固めの感じでした。 じゃ〜って事で、生たまごをかけて食べました。 やはり電気炊飯器では再現できない味がありますね!。 薪も3,4本で簡単で直ぐに出来上がります。 これは本当に癖になります。次はピザ窯の番です・・・・。

・・・ピザ作りました。 急遽決った為に有り合わせの材料です。左のピザ生地の下に有るのがアルミ板を3cmおきにカットし自作したピザ・ピールで便利です。 
約300度で5分位かな。 美味く焼けています。 こんなの食べちゃうとレストランに行けなくなってしまいます。 生地が余ったらパンを作る予定でしたが、初めてのピザが好評で全て無くなってしまいました。  ・・・もう 食えねえ〜腹いっぱい!
最後にダッチオーブンに石を敷き詰め焼き芋も作ってみました。芋を中に入れただけで何もしてませんが、凄い美味いです。 これも又、市販の物より美味いと思いました。 自分で手をかけた物って何でも美味くて幸せですね! 
パンの写真を撮るのを忘れていていましたが、これが又、上手く焼けるんです。 今度はチャンと写真取ります・・・。

ピザ窯・パン釜イメージ図
ピザ窯は3室構造に成っています。 最下部が火床で中間の部屋は戸を閉めて使います。 必要に応じてダッチオーブンでご飯を炊いたり、焼き芋が作れます。 一番上はピザやパンを焼く・・・。 こんな構造に成っています 上部にあるハンドルで焼き部屋の扉が開閉する構造です。 この扉を閉じた状態でも鉄板が熱くなるので遠赤外線効果は大きいです。 鉄筋の棒も装備したので燻製も出来ます。 常設で温度計も付いてますよ。 300度の温度計は常に振り切っています。 推定400℃平均になります。 構想を練る事1ヶ月、この様な図面がが完成しました。
魅力ある真空管とアンプ・ラジオの最新情報