世界の名球2A3を聞き比べる

私個人的に2A3が好きなのは当サイトで2A3真空管アンプの製作例が多いことで皆さん気づかれていると思います。。 6BM8やEL34のアンプを作っては分解の繰り返しをしていた10代後半の頃、始めて聴いた直熱管が2A3で、その感動は音が良いだけではない音楽性のある「生々しさ」を感じたのが事の始まりです。 今のお気に入りは「TUNG-SOL(米国)刻印1枚プレート」です。 違うメーカーで製造された音の違いを探るべく集めてきた結果、気が付いてみると既に39種類以上の銘柄が揃っていました。 とても有名な球で、1933年にRCAから発表された2A3はオーディオ用途です。 メーカーによって其々特徴が有るので聞き比べて順位をつけようと頑張りましたが種類が多くどうも良く解りません・・・・・。 音質の世界なので好みによって好き嫌いが言われますが、私自身では300Bや45、71A等の代表格の上を行きます。 プレートが2枚の物と1枚の物があり、古典球と呼ばれる年代の古い1枚プレートがやはり音が良いようです。 エージングやOPTで音質が随分変わります。 ZPを3.5kΩや5kΩにしたりと替えてみると音質が変わるのが解かると思います。 私達が一番に望む物は音楽が生々しく再生できることです。 この2A3でも素晴らしい世界を発見できると思います。 人気が高いので、何故か初心者の組立キットにも使われる真空管ですが、実は奥が深いので真空管アンプに嵌ってしまった方も多いのではないでしょうか。

骨董品と呼べる年代の古い球は多少注意が必要です。 長く眠っていた球なので優しく起こしてあげないと直ぐに壊れてしまいます。 整流管を抜いて高圧が出ない状態でヒーターのみの通電を数時間実施するだけで元気に目覚めるでしょう!。
TUNG-SOL(アメリカ)刻印 1枚プレート
音の抜け透明感が特に素晴らしい。
低域も良く出て広帯域ワイドレンジ。
自分の中ではトップクラスで 繊細で澄みきった綺麗な音は2A3の最高峰。 私の大切な宝物です。

SYLVANIA(アメリカ)刻印 1枚プレート
抜けが良く透明感が良い。 シングルプレートとかモノプレートと呼ばれるこの球は2枚プレートと見比べると貧弱に見えますが、実は高音質です。 その音の違いは誰でも解ると思います。

RCA Cunningham(アメリカ)刻印 1枚プレート
1933年頃最初に開発されたと言われる1枚(モノ/シングル)プレートでウエスタンエレクトリックのWE−300Aに対抗して作られたとも聞きました。 入手困難の中、最初に手にした時は既に自己暗示に掛かっていると思われるが、世界の名球にふさわしい素晴らしい感激を受けました。 その音と感激は今も同じです。
ARCTURUS(アメリカ)USA刻印 1枚プレート
ブルー管で有名な会社。 音の抜け透明感が特に素晴らしい。 1930年代前半頃青管から普通の透明ガラスに変った時期の物なので、結構古い物です。 上記4種は何れも古典球と呼ばれる物で、入手困難な球に成っています。
2A3C(中国の桂光電子)1枚プレート グイグアン・デンズ
この会社では既に生産を打切りっているので入手が出来なくなり、又、高くなっていくのでしょう。 写真は白ベースですが黒色もあり好みで選べます。 1枚プレートなのでやはり音は良く、高域の音色は独特の物があり人気があます。
この真空管はサムテックから購入できます。(在庫限り)
2A3B(中国曙光電子/Shuguang)1枚プレート
GOLDEN DRAGONの製品等もこの会社で製造されています。エージングは使用を含め50時間は必要と思われるがコストパフォーマンスを考えると良い線です。
(現行品)
2A3C(中国曙光電子/Shuguang)1枚プレート

上記同様、多少のエージングで良い音を奏でてくれます。 コストパフォーマンスを考えると良い線で白ベースで見栄えも良くなり足は金メッキ処理されました。
この真空管はサムテックから購入できます。
(現行品)
SOVTEC(ロシア)1枚プレート

少し固めの音で曲によってはドキッとする爽快感を感じる事がある。 楽器はリアル。 1枚プレートの良い音に感じるが残念な事に少しハウリング気味(マイクロフォニック・ノイズ).。 もう少しエージングが必要の様子。
 RCA (アメリカ)2枚プレート
当時憧れてやっと入手した時は「此れが本来の音なのか?」と思って大事に扱ってました。 ただ、同じメーカーの1枚プレートとの音質差が大きく、こんなに違って良いの? と疑問になります。 貴重な球なので高価に成っていると思いますが、何故か上の安い中国製2A3Cの方が個人的には好きです。

JIMTEC(日本の岡谷)2枚プレート
今では珍しい物に成ってしまいました。 純国産品です。

USR2A3(日本の岡谷)2枚プレート
日本の岡谷製の輸出向け商品で上記JIMTECと同じ物です。

VISSEAUX (フランス・ビーソース社)刻印 2枚プレート
刻印と聴くと何故か嬉しく成るのは私だけだろうか? 本家RCAよりも音は良く透き通った音には感動を受ける。 1940年代初期の製造。

元々は電球メーカーらしく Tube では無く Lampe de radio などと呼ばれた。

Philips MINIWATT/RadioTechnique(フランス)2枚プレート
ラジオテック社1950年代製造。 開発元RCAに比べると繊細でレンジも広い。 エージングは少ないので今後が楽しみな球の一つです。
Marconi JAN2A3(カナダ)2枚プレート
JANと赤色でプリントされている事でこれは軍用品ですかね! オーディオ用途に製造された物の中に軍用品があるのは知りませんでした。
United Electron2A3(USA)2枚プレート
黄色プリントで81年の製造なのが分かります。

2A3W SYLVANIA JANCHS5930(USA)高信頼管
高信頼管にはWを使うようです。 てな訳で長期に渡り使える安心感が有ります。形は異様でGT管を大きくした感じ。中は見えませんが音は良いです。 噂では隠れた名球だとか・・・です

Mullard 2A3W(イギリス)2枚プレート
仲間より情報を頂きました。 元々このタイプの形状の球は上記シルバニアでしか作られていないとの事なのでOEM生産された物のようです。 音が良いので納得できます。
INTERNATIONAL SERVICEMASTER(USA)
これも上記と同じ形状なのでシルバニアで作られた物しょう!
TVC(日本の東京真空管工業)2枚プレート

CEI(カナダ)2枚プレート
CEI ELECTRON TUBE

WestingHouse JAN2A3W(CANADA)2枚プレート
JANと赤文字でプリントされた軍用品です

CRC JAN-2A3(RCA)2枚プレート
JANと書かれた軍用品です

STEWART(USA)2枚プレート
GE(米国)2枚黒プレート
プレートの色はグレー。ゲッタ台は長方形でガラスステムの両側に2個有ります。

HILCO(米国)2枚プレート
UX2A3 吊りフィラメントタイプ

RAYTHEON(USA)レイセオン 2枚プレート
下記KEN-REDと内部が同じです。

KEN−RED(USA)2枚プレート
上記RAYTHEONと内部が同じです。
ARCTURUS(USA)2枚プレート
下記ADMIRALTと内部が同じです。
ADMIRAL(USA)2枚プレート
上記ARCTURUSと内部が同じです。
NEC(日本電気)2枚プレート
TEN(日本の神戸工業)
マツダ(日本の東芝)2枚プレート
日本製が一番と言いたいが・・・、色々聞き比べると優しい感じ。 中古購入のラジオで使われていた為エージングが進み良い音になっている。
JELECTRO(日本製)2枚プレート
TRONIX(オランダ) 2枚プレート
トロニックス社。 トップにRFの印刷が有る事から,RADIO FRANCEへ納品された球になります。
2A3B(中国の桂光電子) グイグアン・デンズ
この真空管はサムテックから購入できますがこの会社は真空管の製造を既に打切っているので今後は入手が出来なくなり、高価に成っていくと思われます。
2A3曙光電子(中国)2枚プレート
経験を積んで多く作られているおかげか中々バランスが良い。同じものが直ぐに買える安心感があり試作等かなり酷使してきた。長い事使って来たお陰で自分の好みの音に成ってしまった感があり、長時間聴いて居ても疲れないのが良いです。
(現行品)
GOLDEN DRAGON(英国PMComponents)2枚プレート

製造は中国の曙光電子のOEM製品。

(現行品)
TRONAL(ロシア)

(現行品)

2A3EH ELECTRO HARMONIX 2枚プレート

(未購入)
Matshita 2A3(日本のナショナル松下電器)2枚プレー
(未購入)
Sun 2A3
(未購入)
レイセオンの4ピラーと独立2枚プレート
(未購入)
6B4G
(未購入)
6A3
現行品 JJ ELECTRONIC
現行品 PSVANE(中国製)
現行品 FullMusic(中国製)
世界の名球300Bを聞き比べる
魅力ある真空管とアンプ・ラジオ最新情報