300Bシングル・アンプ
12BH7,300B Single Amplifie
真空管300Bがサムテックに有ります

ハモンドの出力トランスを使ってみました。12BH7は歪みの多い球ですが、このように2段使うと打ち消し会って結果は良いようです。
出力は10Wの予定でしたが、電源トランスのB電源が低かったのか、7W(片ch)でした。

全段に12BH7を2段使った300Bシングル無帰環アンプです。
初段とドライブに12BH7を使いコンデンサ結合してます。
コンデンサーは、音質の良いVitamin-Qを使用出力トランンスはハモンド(20Wタイプ)を使いました。
B電源のコンデンサーをいろいろ試して、最終的にフイルムコンデンサは600V・4μを5個使って、電源のコンデンサで音が変わるのを始めて体験したアンプでした。チョーク・トランスは周囲の色とマッチしていません。最初に塗装して置かないと、後からは面倒で結局このまま完成!・・・です。
電流計が付いてますが,自己バイアス方式にしたので、不要でした。
音は、人気の300Bです。球のハウリングが少し気になりますが「マイクロフォニックノイズ」でしょうか?、でも済んだ良い音がしますので良いでしょう。

世界の名球300Bを聞き比べる
魅力ある真空管とアンプ・ラジオの最新情報をチェック