大型送信管東芝4P55
1000V超え高電圧・シングル真空管アンプ

5R4GA ,6EM7, 4P55 Single Amplifier

国産の大型送信管の4P55を使ったアンプを製作しました。信頼度の高い業務用真空管なので丈夫で長持ちが特長です。傍熱5極管でフィラメントの輝きは殆ど有りません。今回は久しぶりに1000V越えの高電圧を使いました。 但し、プラス、マイナス500Vを使いましたので見かけ上の最高電圧は500Vに成ります。出力管の増幅率が高かったので前段は複合管をつかいましたが、1回路ノミの仕様に成っています。 真空管の詳しい規格表が無いので適当に作りました。現状で6W有りますが本来は20〜30Wクラスと思います。現状6Wでは完成品とは言いにくいので途中経過とい言うことで簡単に紹介します。

性能表

周波数特性 : 15〜60khz(±3db)
回路方式  : トランス結合,NFB 6db

入力感度   :  560mV時約1W出力

初段には小型GT管6EM7を使いました。3極管が2個入った複合管ですが今回は1回路をつかいました。出力管は東芝の送信管4P55でソケットも一緒に入手できました。整流管は5R4Gをつかいました。

内部は複雑では有りませんが、コンデンサの耐圧対策で多くのコンデンサを使ったので中が狭くなっています。

アンプケースの後ろ面です。スピーカ端子は8Ωと16Ωが有ります。 又、4Ωへの変更は簡単に出来ます。

シャーシーは電流計付きのサムテック製を使って有ります。底には大きな穴が開けてあって空気の流れが良く放熱対策が成されています。

前段回路の作成
可能で有ればシンプルにしたい所ですが、・・・本当にシンプルに成ってしまいました。初段構成が1段でトランス結合で出力管に繋がります。当初の設計ではハムやノイズが目立って完成度が低く物に成りませんでした。 今回入力感度を計ってみると前段の増幅度は低くて良い事が分かりました。

出力回路の作成
多くの送信管が有りますが、此の送信管はヒーター6.3V電流も3A程度なので一般の電源トランスで使えそうです。 更に傍熱管なのでAC点火で十分です。送信管なので低電圧低電流のイントラ反転回路も魅力ですが、此の球、一般の真空管と同じグリッドがマイナス電位なんです。それならばとプラスマイナス500Vで回路を構成しました。真空管のプレートとカソード間は1000Vに達しますが、アンプのグランドからは500Vに成っています。万が一感電は500Vに成ります。
NFBは6db程架け特性改善をしましたが高域40Khzの辺りが3db程上がっています。 此のあたりは当然聞こえない範囲なので無視しました。

視聴の感想
実際に作りが初めて既に1年は経ったと思いますが、この度一応の完成になりました。 規格表が無いので3極管接続が可能か分かりませんが、詳細が分かり次第見直しを行ないたいと考えています。今回の構成は非常にシンプルなので音も其れなりに良いと思います。真空管アンプ特有の済んだ綺麗な音は間違え無いと思います。

特性表
UF13/813 真空管アンプ 回路図
4P55 規格 今回の仕様
Ef 6.3V
If 2.6A
Eb 1500V 995V
Ec2 400V 291V
Pp 120W 60W
Ib 60mA
Ec1 -46V
Zp 7KΩ
魅力ある真空管とアンプ・ラジオの最新状況