6P3P シングル・真空管アンプ
12AT7、
6P3P Single Amplifie
6W+6W(10%歪)

誰にでも作れる! 完全製作ガイド実態配線図

サムテックより組立キットが購入できます。

作って楽しく、そして音楽性の高い真空管アンプを作ってみませんか? 部品の調達には苦労しますが、今回ここに紹介するアンプは全てのパーツがキットとなって下記紹介するサムテックより3種類のアンプが発売される事になりました。 ここでは其の中の1台6P3Pアンプの紹介をします。
3極管の12AT7を並列接続で使い出力管の6P3Pを力強くドライブします。6P3P6L6GCとピン配列が同じです。 パワーが多くあって音も良いので人気のある真空管です。 サムテックより6L6GCアンプの製作依頼があった時に同時に作りました。 従いまして抵抗の定数は変えずに5極管接続にしただけの変更になります。
 まず驚いたのが豪華なトランス類で、作る前から良い音がする予感がしました。 ケース内にはシリコンを充填し真空引きで空気を抜いてから固めてあるそうで全て特注みたいです。 私は試作なのでケースは自分で加工して使います。 シャーシー上面は2mmのアルミ製なので手持ちの工具で穴あけから始めます。 誰が製作しても同じ特性が出るようにCR結合で調整箇所が無い一般的な回路としました。 5極ビーム管なのでパワーが望めます。 キットなので必要最小限の電源電圧の設定です。 約6W位が出せ、3結の約2倍のパワーが出ます
性能表
最大出力 
歪率  
周波数特性
ダンピングファクタ
回路の方式
残留ノイズ
6W+6W(入力0.6V)
1.5%(1W時)
17hz 〜 40Khz(−3db)
2.7
コンデンサ結合
1mV以下(ボリユーム最少位置)
前段には入手が簡単で増幅率が高い12AT7を選びましたが12AU712AX7が使えます。双3極管で2回路入ったMT管で6.3Vで使用します。 私は12AU7が気に入ってます。

6P3Pで中国で生産された物ですが、予想を超えた良い音が飛び出して来ました。 写真では分かりにくいですが窪みがあり形も中々良いです。

試作で製作した1号機です。シャーシーはヤフオクのシャーシケースです。 穴あけ加工は自分で作りました。

シングル8Wのユニバーサルタイプの出力トランスですがシリコンで充填され真空引きされ固められているとの事で、やはり良い音が飛び出して来た。
サムテックのトランスはこちら購入可能

端子台も自作する必要が有る。 基板の孔に金具を差し込み、+ドライバーの先でつぶす手間が掛りますが、作れる物はできるだけ自分で作るのがキット製作での醍醐味である。 しかし、良く考えた物だと感心する。
後ろから見た写真です。 下記、実態配線図を用意しましたので参考にして下さい。 
設計と試作

初段はMT管12AT7で設計しました。 OPTは8W用で4,6,8Ωが選べ最近出回っている6Ωスピーカーにもマッチするのが新しさを感じさせます。 構想が決まって、シャーシを作り、大まかな部品を取付けた後、初段に流す電流を決めて最後に回路図の様な物に仕上げました。 贅沢にチョーク・コイルが有ります。 NFBは約6db程、今回はキット化されると言うことなので下記実態配線図を作りました。 この図面製作の方が苦労したので参考にして下さい。 尚、キットを購入して追試される場合、線材等の付け方は図面と全く同じに配線してください。 線は短い方が良いと思いますが、取出し位置を変えてしまうとハム・ノイズ等に悩む結果となる場合が有ります。

音質と評価
構想が決まり、レイアウトが決まると配線は早いです。 軽めのNFBなので諸特性は優秀とは言えませんが、肝心な音質はマズマズでパワーにも余裕が有ります。

 

サムテックより組立キットが購入できます。

ここに紹介したアンプはサムテックから依頼があり作った物なので、組立キットとして発売されます。 調整箇所が無いのでメーター類が無くなりますが入力セレクターが追加されるようです。 初段回路は真空管を並列で使ってますので、SRPP回路等皆さんの手で更に良い物に仕上げられると思います。 是非、より良い音に仕上げて下さい。

12AT7,6P3P シングル真空管アンプ実態配線図
12AT7,6P3P シングル真空管アンプ部品リスト
周波数特性 歪率特性

SRPPの発展型の図面を紹介します。 抵抗や配線が変わります。 音質が変化すると思います。 一概にどちらが良いとは言えませんが、特性が良いのはSRPP回路ですので、ステップアップに面白いと思います。
6P3P真空管アンプのSRPP版の回路図はこちらにあります。 部品リスト 実態配線図はこちら。 諸特性がアップしています。
最大出力
6W+6W(5%歪)
歪率
1%(1W)
周波数特性
9〜40Khz(-3db)
ダンピングファクタ
3.2
残留ノイズ
0.28mV補正無し入力オープン
回路の方式
SRPP
周波数特性 歪率特性

魅力ある真空管とアンプ・ラジオの最新情報をチェック