低消費小型エアコン

コロナどこでもクーラーをキャンピングカーに  2016’8
DIY・除湿機をクーラーに変更改造
CORONA CDM−1014 

 
(注意:安全設計されている市販製品を改造するので全て自己責任です)

6月作ったシャープのコンビニクーラーは真夏の猛暑39.7度の時に機器が停止してしまいました。 ま〜此処まで暑く成る事も殆んど無いのですが、ペットを車内において買い物や食事に出かける事が多いので機器停止は致命的な問題です。 ペルチェ式も同時進行しています 丁度、娘がコロナの「どこでもクーラー」を持っていると聞き、早速借りてきました。 此れも日本製なので中の1つ1つの部品も安心です。 陽の当たる物置に入れて実験してみた所、40度位でも動作しているのを確認できました。 ただ、カタログに35℃迄と書かれている様に外気温が高い場合は送風はしていてもコンプレッサーが数分おきにON・OFFを繰り返しているので、温度センサーが働いてコンプレッサーの焼き付け防止をしていると思われます。 当然冷房能力は弱く成りますが、機器が停止しなければ最悪な状態には成らないので、目的は達成できそうです。 この機器は動作は問題ない事を確認しました。 この機器を選んだ理由は消費電力で、今の走行時の充電電流が最大で30A取れますが、バッテリーがカラでもエンジンを掛けて使用できるのを想定すると最大315W迄です。 扇風機が20W。 冷蔵庫が40Wなので同時使用を考えると255W以下の機器があると一番便利です。

元々「どこでもクーラー」は冷風モードが有り、排熱ダクトも用意されています。 では、何故改造が必要かと申しますと、目的は車載です。 車載する為に床に置くことが難しく棚等に設置しますが、私の車には高さが合わず入りません。 そこで、本体を開けて内部観察してみると、本体下部5分の2がドレン水のタンク。 ただ、その位置にコンプレッサーが有るので少し厄介です。 しかし、内部銅パイプの配管に余裕あるので、成せば成る精神で一気に下側をカットする事にしました。 ネットで検索しても例が無かったので此処まで大げさに改造しなくて、皆さん使っているのでしょうか?。 

蓋を開けてみるとこの様な感じ、使っていないと言うだけあって綺麗な状態です。 パイプも余裕が有るので、コンプレッサーの移動は意外と簡単に出来そうです。 急激に曲げない事が重要です。
ツインロータリーコンプレッサー搭載で38dbの静かなモーターすが、随分小さなコンプレッサーです。 黒い筒にモーターとコンプレッサーポンプが入っています。
コントロール基板は此れだけです。 温度センサーはコンデンサー(熱い方の高熱器)とエバボレーター(冷たい側の放熱器)の両方に2個あり、温度管理が出来ていると思われます。
大きな水タンクを外すとコンプレッサーの部分が残ります。 此れを排熱側ラジエターの吸気口近くに移動させます。幸い、銅パイプは適度な長さがあるので、パイプをユックリ曲げて行きます。 
温度管理も良くできているようですが、やはり、コンプレッサーは可也熱く成るので写真の様なアルミの板を何枚か使って放熱効果を上げています。 排気口は内部変更し下部へ移動しています。
今回の改造は本体のカットと排熱位置の改善で、2本のダクトを最短にする位置に孔を開けました。 試験運転はパイプ往復2mの状態で行いました。 付属の布ダクトは100φの筒に上手く合いますが、実際の取付では10cm程切りました。(ピッタリ入るので縮みません)。
市販品のダクトは開口面積が4割程少なく成ります。 100φの蛇腹アルミホースから出入り口が狭く成らない様に出口の径を大きくして3Dプリンターで吸排気口を自作しました。3D図面はベクターワークス。 製作時間は1個約22時間。
ガラリダクトは簡単に取り外しができます。 雨降り、問題有りません。 高速走行、問題ありません。 吸排気口の抵抗、有りません。 ガラリだけ125φにしました。 不要な時は取り外しが簡単で、なんとトヨトミの冷暖房スポットエアコン附属のダクトに合わせてしまいました。 つまり、TAD−22CWがそのまま設置できます。
メーカー 電力 品名 除湿能力 その他
SHARP 320W CV-S100SC 10L w320xh515xd235+100
CORONA 240W(280W) CDM-1014 10L ツインロータロー

上の表は同じ除湿量のシャープのコンビニクーラーとの比較。 コロナCDM-1014は240Wがカタログ値ですが、電源を入れると200W位から開始して5分位で240W位に成り、実測最大で280W位まで上がる事が有ります。 車載の100φフレキパイプは吸気側55cm、排熱側85cmで取り付けてあり、直ぐに外せる構造に成っています。 排熱側は付属の布ダクト(95cm)がアルミの蛇腹パイプに被せる事ができるので便利です。

バッテリー残量の目安 (放電中の電圧V)
100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 10% 0%
13.00 12.75 12.50 12.25 12.00 11.75 11.5 11.25 11.00 10.75 10.50
夏本番は過ぎましたが・・・

単独で外気温40度迄検査しました。 10月位までは、まだまだ暑くなる日が有ります。 2時間も走行すると停車してから2時間位は下側から熱が上がって来るのでクーラーが有るとやはり便利です。 今回は除湿機能部分は手付なしなので、内部のシャッターの隙間から冷風の一部が排気側に少し吸われてしまいます。 簡単に説明すると、除湿時は前面の噴出し口が閉まり、直ぐ根元の左側のシャッターが開き、排熱側の熱交換器に吸われていく感じの構造で、シャッターには少し隙間があります。 しかし、今回の改造は結果が良いです。 嬉しい事に動作音が小さく成りました。風量が3段階有り、一番弱くするとエアコンを動作させタイマーを掛け寝る事が出来ます。 送風音の方が大きいのでコンプレッサーの回転音は気に成りません。 車中泊を既に何度かしましたが快適そのものです。 私の行動パターン1例は以下、出かけるのは午後で、まず機器を稼働させます。 つまり、スイッチを入れたまま出かけます。 普段はソーラー発電で充電していて、大体の開始電圧が12.8V。 約90%で満充電には成っていません。 家から2時間程のアウトレットへ行きます。 途中30分ほど休憩。 3時間程買い物と犬の散歩。 30分程移動して温泉移動に、そして温泉と食事で2時間。 30分ほど移動して高速のサービスエリアで寝ます。 タイマーでエアコンが止まります。 翌朝直ぐエアコンを動かします。 サービスエリアで犬の散歩や食事で2時間程居て、エアコンを止めて2時間程高速に乗って帰ってきます。 この時バッテリー消費電力を計算してみるとバッテリ消耗は12%前後の500Wです。 走行時こまめに電源を入り切りすると充電の方が上回ります。 尚、冷蔵庫はバッテリー駆動で常に40W、扇風機も同時に使うので+20W位の消費も含んだ数値です。
 問題が1つあって、ドレン排水の皿が浅い事で、山道の下り坂が長いとドレン排水が出来ず、急に上りに成った場合ドレン排水がこぼれ出る事が有ります。 とりあえず、本体前面を少し上げて極力強制的に排水できるように対処しています。 冷房能力はシャープのコンビニクーラー(電力320W)と比べて少しだけ低い気もしますが、略同等です。 もっとも、このコロナのどこでもクーラーが実際に電力測定すると20%位多めの280W位で動作していました。 それでもバッテリーだけで14時間の連続駆動が出来そうです。 CMD−1416だとヤバかったかも? 確かに能力も格段と上がると思いますが、この計算だと400Wを超えてしまいバッテリー駆動がきつく成ってきます。 バッテリーは余裕を持たせないと、カラに成ったときは全てが止まってしまい何もできません。 イザ必要な時に余裕がないと、けっこう困るものです。 外気温が低いとキンキンに冷えるので弱風でも大丈夫で、真夏は強風にしても能力ギリギリです。 しかし、冷え過ぎない安定した風が出続けるこの様な機器の方が狭い空間では私の弱いお腹に合っています。 

満足な結果ですが、まだペルチェ式クーラーがあります。

掲示板に投稿が有ったので紹介します。 皆さん同じ様な事を考え其々の環境に合った物を製作されています。 更に小型化エアコンが出来ると良いですね!

○ ラムボク 様
○ しのたけさんのお家(うち)

魅力ある真空管とアンプ・ラジオの最新情報をチェック