諏訪湖/F3000ボートレース・花火・ウエイクボード
F3000ボートレース
1年に一度。水上のF1と言われているパワーボート競技F3000スピード・ボートレースが諏訪湖で行なわれています。 3000ccのエンジンで300馬力直線時速200Km/h以上の世界です。 一回り小さなF550のレースも行なわれました。 写真は2002年、2003年の様子です。
加速速度はF1以上です
操縦するパイロットは女性もいます
排気音も迫力があります
決勝時は数艇同時に走るので超迫力
ドライバーは女性も多く11艇中3名いました。 決勝時には他の艇に内側から突っ込まれて左側が大破してしまった。 女性の応援をしたくなるのは私だけだろうか?。
ワックスが効いていてピカピカに輝いています。 カラフルなテントに綺麗なF3000マシン。
スクリューはレースの勝敗をさゆうされるので、直前まで秘密のようで外してあります。
いつも諏訪湖では「ぶっちぎり」のミズノのスピード艇。 見てわかるだろうか?。スクリューは走行時は水面に半分入るのみです。
カバーはFRPで軽く作られています。
車体の中央部分に燃料タンクがあります。 燃料はガソリンの匂いがしなかったので、高価な専用の燃料を使っているようです??。 この綺麗な艇も底面を見ると丈夫そうな合板で製作してあります。
レース参加の前には救助訓練も行なわれ、万が一に備えます。
操縦席はやはり丈夫に作ってあるようです。 正面からみて分かるようにスピードが上がってくると底面に空気が入り車体が浮く構造になっています。
一回り小さいF550のレース風景。
F3000のエンジンを興味深く覗くマニア。 F550のエンジンでも猛スピードでカッ飛んでいます。
諏訪湖マリンスポーツカーニバルは、われわれ「諏訪湖ラジコンボートクラブ」も警備艇をだして毎年協力しています。
朝8時ごろには準備がはじまります。 F550パワーボートを専用の台車に載せての移動。
キャブレター。 6気筒エンジンでマーキュリー2500ccがベースになっています。
今期最初のレースが諏訪湖から始まったが、11艇中最後まで走行したのは5艇だった。

故障艇をピットまで届けて警備位置に戻る途中のレース状況のビデオクリップ。
QuicTime(無償配布)


ウエイクボード
諏訪湖でウエイク・ボードができます。仲間の進めで諏訪湖の近くにあるウィンド・ウエーブで免許を取りモーター・ボートを購入して数年になります。軽自動車位の金額で購入が出来ますので、遊びの幅が広がります。ヨットハーバーに繋留してあるので、直ぐに乗る事が可能です。4級船舶の他に今は5級船舶の免許があるそうなので、前よりは、比較的簡単に免許が取得できそうです。
ウエイク・ボードは、我が家の長男と次男、長男の友達の4人で行くことが多い。時速40〜50Km/hのスピードで快調に飛ばします。水なら転んでも大丈夫だとお思いでしょうが、声も出せない位に痛い事もあります!。梅雨明け〜8月末の暑いときには最高の遊びです。ただし雪と違い、水の抵抗が相当あり私の体力では連続で10分も走行していたら、後で足腰立たなくなります・・・・。
みずしぶきを利用して、長さ10m位で高さも1〜2m位飛ぶ事も可能です。
モーター・ボートに専用のマストを付けて引っ張ります
波を上手く使いジャンプ 腕を曲げて引いているので、これが結構疲れます
タイミングが合うと1m以上上へ上がります
上手くなると宙返りも可能 幅10m位は飛んでいる
時にはボートを止めて、宙返りの練習もしましす。
板を波に逆らわせ、こんなことも・・・。 諏訪湖も小さいようですが、結構ひろい・・・。

ホームに戻る